槍ヶ岳山荘・槍沢ロッヂ・南岳小屋・大天井ヒュッテ・岳沢小屋の5つの山荘のWEBサイトです

BLOG岳沢小屋のスタッフブログ

Yarigatakesansou onlineshop
トップページ > スタッフブログ > 岳沢小屋のスタッフブログ > 前穂偵察!

2022年の営業について

槍ヶ岳山荘グループの山小屋をご利用される方は必ずこちらご一読ください。

前穂偵察!

こんにちは。昨日は久しぶりに気持ちの良いお天気となりました。
最近は曇り空が続いていたので、気分も晴れ晴れです♪
さて、昨日はそんな好条件のお天気だったので、前穂高岳までの夏道ルート、重太郎新道を偵察に行ってまいりました!

残雪の状況ですが、 山頂までの間に雪渓が3ヶ所ありました。
まずお伝えしたいのは、現在のところ夏道が完全に開通しておらず雪渓を渡る必要があり、アイゼン・ピッケルは必須です。そのため冬山の装備と経験が無い方は通れません。計画を立てる際はその辺りを十分考慮してください。

話を戻します。1つ目の雪渓はジグザグ道から岩場に入る手前にあります。

2つ目はカモシカの立場と岳沢パノラマの間で、アイゼン・ピッケルが必須となります。

AM8:00頃に通過しましたが雪は硬く、緊張がしいられました。

3つ目は雷鳥広場と紀美子平の間、木道が続く辺りです。

なかなかの斜度があります。

そうして、無事山頂に到着です。
風があり山頂は寒かったですが、雲が晴れてくれたので絶景を眺めることができました。

緑のグラデーションが美しい
奥穂高岳

何度きても圧巻なのは変わりませんが、前回4/24に山頂まで偵察に来た時と、景色はずいぶん変わっており、写真で見るとよくわかります。

残雪以外の登山道状況としては、ジグザグ道の上部に一か所、登山道に土砂が崩落してきているところがあります。通行はできますが、近日中に整備に取りかかる予定です。その他に大きな崩落などは見られませんでした。

6月は登山者の数も少なく、静かな岳沢・穂高を満喫できるので、晴れ間を狙ってぜひ訪れてほしいです。が、雪解けによる落石や、残雪の上を登るリスクを考えると、夏山を歩きたい方はもう少し我慢していただき、夏道が開通した穂高をお楽しみください。

WEB予約はこちらからどうぞ。特に7月連休の予約などは、電話が繋がりにくい可能性もありますので、WEBをご活用いただければと思います。