槍ヶ岳山荘・槍沢ロッヂ・南岳小屋・大天井ヒュッテ・岳沢小屋の5つの山荘のWEBサイトです

BLOG岳沢小屋のスタッフブログ

Yarigatakesansou onlineshop
トップページ > スタッフブログ > 岳沢小屋のスタッフブログ > 重太郎新道はいま

2021年の営業について(2021.4.6更新)

重太郎新道はいま

今日は登山日和のお天気になりそうということで、残雪の重太郎新道を偵察しに行ってきました。 
現状重太郎新道上はまだ何か所か急な雪渓が残っており、12本アイゼンとピッケルが必要です。つけ外しの回数も多いので、通常より時間もがかかる雪山上級者向けルートとなっていますのでご注意ください。

岳沢パノラマ付近

8時から登り始めましたが、雪面はまだ固く、前回前穂に行ったとき若干滑落した怖さが蘇りますw

雷鳥広場で雷鳥に遭遇 キミたちほんとに警戒心がないね

久々の重太郎新道は相変わらず急で、道って名前つけちゃいかんでしょと思うのは僕だけですかね。重太郎新壁とか。
そんな中にある紀美子平と雷鳥広場は平らで眺めもよく、楽園じゃ~と一休み

今日は前穂山頂はパスし、吊尾根の残雪状況を見に最低コルまで。
ちなみに大キレットの最低コルは2748mこちらの吊尾根の最低コルは2920m(大体)最低コルといっても常念岳の山頂よりも高いです。

こちらもまだまだ高難易度のルートが続きます。この辺のトラバースはほんとに急で、雪面も堅いし、正直ロープが欲しいと思いました。人間の動きってのはトラバースにはほんとに向いてないなあとビビりながら通過。

涸沢をみるとまだまだ真っ白!さすが涸沢カール、良い天気でいい時に来れてよかった。今日は大天井ヒュッテ組も偵察に行っており、あちらも好天で良かったでしょう。

吊尾根を境に緑の楽園と雪の楽園が 広がるこの絶景は何度見ても本当に飽きないなあとまた実感。重太郎新道の夏道開通はあと2週間~3週間といったところでしょうか。 そのころまた偵察にいきたいと思います。