槍ヶ岳山荘・槍沢ロッヂ・南岳小屋・大天井ヒュッテ・岳沢小屋の5つの山荘のWEBサイトです

BLOG槍沢ロッヂのスタッフブログ

トップページ > スタッフブログ > 槍沢ロッヂのスタッフブログ > 続・週末のお天気は?

2021年の営業について(2021.8.27更新)

続・週末のお天気は?

テント場のトイレ掃除に行ったババ平から。
山肌の色が徐々に変わっていっているとはいえ、まだまだですね。

こんな色合いになるまであと3~4週間ほどです。
さて、そんなことよりも気になるのは台風14号の動きです。

ヤフーニュースから見られるウエザーマップの杉江さんが詳しく解説してくれています。
台風14号 予報円がなくなっても十分な警戒を(杉江勇次) – 個人 – Yahoo!ニュース

読んでもらうのが一番ですが、要約すると台風から変わった低気圧の中心付近が18日(土)の明け方頃に北アルプス付近を通過します。
そのため、明け方前後の数時間は暴風雨となります。(台風の中心が襲来すると考えてください) 午前3時頃から6時頃が最も激しい気象現象となりそうです。
ですので、行動開始は嵐の去った午前9時頃くらいが良いかと思います。その後、日中は多少の風雨は残っても槍沢まで歩けないほどにはならないでしょう。

一方、朝一番だと岳沢小屋手前や新穂高温泉~槍平間の増水常襲ポイントは渡れない可能性が高いのでご注意ください。
他の山小屋の話題かもしれませんが、18日に上高地から穂高岳山荘を目指す方は岳沢経由でなく、横尾~涸沢経由で行かれるほうが賢明です。
また、一日で槍ヶ岳まで目指す方も新穂高温泉から槍平経由よりも上高地~槍沢経由の方が確実でしょう(ただし、上高地が大雨で通行止めとなる可能性もゼロとは言えませんが)

また、一日で槍ヶ岳を目指す方は暴風雨が朝のうちに去ったと言っても、上部では引き続き厳しい気象状況が続く可能性があります。(槍ヶ岳付近では18日朝は風速25~30mの暴風+豪雨、午後は15~20mの強風と小雨・霧雨と予想されます)

18日に槍ヶ岳を目指す方は判断は慎重に、槍沢ロッヂまでの方は朝一番からの行動よりも少し遅めの午前9時頃からの行動がおすすめです。

GPVでは午前7時頃に元台風の中心が北アルプスに最接近します