槍ヶ岳山荘・槍沢ロッヂ・南岳小屋・大天井ヒュッテ・岳沢小屋の5つの山荘のWEBサイトです

BLOG槍ヶ岳山荘のスタッフブログ

トップページ > スタッフブログ > 槍ヶ岳山荘のスタッフブログ > 714円の漢

2021年の営業について(2021.8.27更新)

714円の漢

口座残高残り714円。

こんにちは。初めてブログを更新します、新人の斉木です。
タイトルの説明はのちほど。(笑)

ゴールデンウィークも過ぎ、雪かきも落ち着いてきましが、あいにくの空模様がここ三日ほど続いています。

穂先も霧で見えず…
殺生も霧でこの様子..

まるで梅雨のような天気ですが、そのぶん屋内作業を進めております。

フロント周り

今日も掃除をしてから床をワックスでピカピカに!
綺麗にすると気持ちがいいですね!

同じく新人の寒川さんも一生懸命にワックス塗り。

さて、話は変わりますが、私はもともと東京で正社員として働いておりました。
が、仕事を退職して4月よりこの槍ヶ岳山荘へ従業員としてやって参りました。

突然ですが、みなさん山小屋のイメージはどうでしょう?

もし、明日から自分が山小屋で働くとなったらどうします?
私はここに来るまで「リゾートバイトみたいなものでしょ」と思っておりました。

ですが、現実はそんなに甘くなく…

さらに、私自身趣味で低山ハイキング程度の経験しかなく、道具への知識、ましてや山荘に行ったことすらありませんでした。

そこでまずは道具を揃えるとこから。
近くのアウトドアショップで店員さんに「槍ヶ岳で働くんで、必要な道具下さい。」

計15万円。貯金もロクにしていなかった私には痛すぎる出費。

次に寮生活のための引っ越しの準備。
計10万。そして結果残高が714円…

本当に後がない状態で働きに来た私ですが、実際に入山して、一か月で様々体験をしました。

掃除に始まり、料理から焼却炉の煙突設置まで…
都会の生活では経験したことないことばかり…
今も仕事を覚えるのに精一杯の毎日ですが、その中で山小屋に対するイメージも大きく変わりました。

自分が思っている以上に繊細で命がけの仕事なんだなと。
今のご時世、働き方なんていくらでもあるしと突っ込んだ世界ですが、残りの714円を握りしめてまずは休暇でハンバーガーを買いに行きます。