槍ヶ岳山荘・槍沢ロッヂ・南岳小屋・大天井ヒュッテ・岳沢小屋の5つの山荘のWEBサイトです

BLOG南岳小屋のスタッフブログ

トップページ > スタッフブログ > 南岳小屋のスタッフブログ > 嵐が去って、晴れの4連休初日&紅葉情報vol.2

2021年の営業について(2021.8.27更新)

嵐が去って、晴れの4連休初日&紅葉情報vol.2

まずはキャンセル情報です。
20日(日)あと1名
21日(月)満室です (20日 10時00分更新)

さて、昨日、金曜日はなかなかに荒れた天気となりました。雨風ともに、この夏・秋で一番だったのではないでしょうか。
一転、今朝は明け方まで残っていた霧雨も徐々に回復し、西の空からゆっくりと青空ゾーンが広がり、午前9時過ぎにはすっかりとはれ上がりました。

この時間、まだ新穂高温泉方面や麓の松本市などは雲海の下のようです。
山の上のほうが天気が悪いことが普通ですが、秋にはこんな風に天地逆転することもよくあります。今日、新穂高温泉から登ってきている登山者が、上部の晴れのエリアに出た瞬間は気持ちいいでしょうね。
心配されていた明日、日曜の雨も関東地方など太平洋沿岸のみで、北アルプスエリアは雨が降ることなく、曇りで推移しそうです。(稜線では朝方に霧雨程度の恐れはあり)
ただし、気温は明日以降1℃から日中でも3℃程度とこの時期としてはかなりの低温で推移しそうです。防寒はしっかりとしてお出かけください。
また、昨日の雨と今朝の冷え込み(4℃)で紅葉も少し進んだようです。

南岳小屋から俯瞰すると北穂の池周辺(標高2500m)ではナナカマドの赤色が散見されるようになりました。他のエリアもこれからの冷え込みで一気に加速するかもしれません。↓、北穂の池周辺の拡大画像

画像では分かりづらいですが、これが錦秋へのプロローグです

日中も低温と風の強さは残ったものの、夕焼けもきれいでなかなか良い連休初日となりました。明日の天気も大きく崩れないといいのですが…