槍ヶ岳山荘・槍沢ロッヂ・南岳小屋・大天井ヒュッテ・岳沢小屋の5つの山荘のWEBサイトです

NEWS岳沢小屋のスタッフお知らせ

トップページ > スタッフお知らせ > 岳沢小屋のスタッフお知らせ > 岳沢小屋より上部のルート情報

2021年の営業について(2021.8.27更新)

岳沢小屋より上部のルート情報

静かな営業初日になっております、岳沢小屋です。
とはいっても、小屋まで来られてランチを食べてから帰られるハイカーや、スタッフの友人のガイドさん、テント泊のお客様、そしてご宿泊のお客様。少し賑わう時間もあり、始まったんだな、と気持ちも引き締まります。

さて、春の前穂高岳へのルートとして知られる奥明神沢ですが、本日登って来られたsさん(何度も岳沢小屋へ来てくださり仲良くさせていただいてます、sさん、ありがとうございます。)よりお写真をいただき、またルートの状態もお聞きしましたのでお伝えします。

明神との分岐付近

写真を見てもわかる通り、雪は少ないけれど繋がってはいる状態のようです。ここ数日も合計で10名以上の登山者が登り降りしていますのでトレースもあります。
ただ、今後の天候次第ではより早く融雪が進み、トレースもなくなり、雪が割れてくる可能性もありそうです。ご自身で進退を判断できる登山力が必要となることも十分に考えられます。
また、できるだけ早い時間の登頂が良さそうです。午後になると雪が腐りずぶずぶの中下降することになるでしょう。逆に朝はサクサクアイゼンが良く効きます。
連日の好天で、すごい勢いで融雪していますので、重太郎新道が登れるようになる日も例年より早くなりそうです。

さて、ここからは営業トーク。前日小屋まで来て十分に休養し、翌早朝に出発して前穂高岳に登頂、昼までに小屋へ着き、生ビールとカレーやラーメン。そんな計画はいかがでしょうか(笑) 。
より多くの方が、春の穂高を楽しめますよう。。。

sさん、ありがとうございます