槍ヶ岳山荘・槍沢ロッヂ・南岳小屋・大天井ヒュッテ・岳沢小屋の5つの山荘のWEBサイトです

BLOG岳沢小屋のスタッフブログ

トップページ > スタッフブログ > 岳沢小屋のスタッフブログ > Volaaaaaare!!!

Volaaaaaare!!!

こんにちは
最上部の黄葉も盛りを終えたようで褐色になって参りましたが、小屋周辺や下部はこれからですね。
こちらは連日、欧米のトレッカーらを中心に賑わいをみせてます。
そこら中に英語が飛び交い、仰ぎ見るような巨漢や美しい外人さんらでテラスが埋まると、いったいここが何処なのか分からなくなりますね(笑)
我が国が誇る岩の殿堂、穂高もグローバリズムが押し寄せていますね.

今年からシグナルマンは安全面に配慮し、視認性抜群のドピンクなヤッケを着用させられる。
というか他の小屋の皆、ちゃんと着てんだよね?笑

さて今日は2週間ぶりの待ちに待ったヘリの荷揚げでした。
荷受けはつつがなく終了。
無事ヘリポートに軟着陸した物資に、スタッフ総出でたかるように搬入、処理しました。
その光景たるや、さながら救援物資(笑)
実は錦に華やぐ落葉樹たちとは裏腹に、当岳沢小屋は物資が不足気味でありましたが、それでも 創意工夫を凝らし、 お客様には絶対に迷惑はかけまいと今日までつないできました。
おかげさまで旧ソビエト末期のスーパーを思わせる状態だったウチのストックヤードは潤沢となり、我々の食卓に生鮮食材が戻ってきました。
ヘリポートからまな板の上へ直に行くような野菜もあるくらいでして、今日飛ばなければ僕らの台所はちょっとした漂流教室みたいになりかけるとこでした(笑)
荷揚げに携わった方々へ、岳沢より最大限の感謝を!

落ち葉とヘリ。
スタッフ井村撮影。

さて最後に私事はなはだしいのですが。
わたくしスタッフ肥沼、明日30歳を迎えます(笑)
この界隈で働き始め早7・8シーズンほど(諸説あり)
22で初めてこの地を踏み、気づけば三十路になりました。
当初は一般人代表として職務に臨んでおりましたが、いつの間にか我が社における奇人・変人の筆頭みたいになってしまいました。
今にすればもっと良い、別の人生があったかもしれないとチラリ考える反面、
例えもう一度やり直せるとしても、やはりこのエキサイティングな生き方を選ぶような気もします。
それぐらいここでの暮らしは、厳しくも濃く、生をダイレクトに感じさせる魅力があるのだと思います。故に一切の後悔はありません。
まあきっと10年後も同じような能書きをたれてるコトでしょうが(笑)

というわけで20代最後の夜をしみじみと過ごそうと思います。
それでは皆様おやすみなさい!