page top
槍沢ロッヂ
トップページ槍沢ロッヂスタッフブログ2018年05月|5月14日 残雪の槍ヶ岳山頂へ!山の学校、同行レポート。

槍沢ロッヂスタッフブログ

5月14日 残雪の槍ヶ岳山頂へ!山の学校、同行レポート。

IMG_7016

こんばんは、槍沢ロッヂです。槍ヶ岳山頂にある、祠(ほこら)の写真を撮って来ました。

皆さまは、雪の、槍ヶ岳山頂に上ったことは、ありますか?

私は、じつは、夏の槍ヶ岳にしか上ったことがなかったのですが

今回、行事【山の学校(やまのがっこう)】(5月11日~13日開催)に同行させていただくことになり初めて、雪の槍ヶ岳に上って来ました!

槍ヶ岳山荘のすぐ下の辺りの急登を、一歩、一歩と上っている時には、やはり雪の傾斜を登るのに慣れていないせいか

「本当に、しんどい」

「足がいつもより、ずっと重く感じる」

「息が苦しいかも」

など、ネガティブな事柄ばかり、頭に浮かんできましたが

帰って来られた今は「本当に、行けてよかった、やっぱり山は最高!」

機会をいただけて、ご一緒させていただいたお客様、ありがとうございます。

とっても、よかった、嬉しい気持ちです!

さて今回は、そんな【山の学校】に同行したレポート。

山の学校1日目は、槍沢ロッヂに泊まった皆さん。2日目の朝、槍へ向けて出発です。

P5120304

天気は晴れ、ババ平(だいら)キャンプ場までの道も、雪は残っていますが、すでに夏道が出ている所もあります。

↓キャンプ場の石垣。(トイレは写真に写っていませんが)トイレ利用は、現在こちらが最後です。山荘までトイレはありません。

P5120311

P5120318

ババ平(だいら)を通過し、槍沢を進みます。旗竿が立っていますし、踏み跡がしっかりとありました。

P5120324

P5120326

大曲(おおまがり)に到着。

ここで、

アイゼンを装着しました。

P5120329

P5120338

さて、いよいよここから、斜面が少しずつ急になります。女性陣は紫外線対策のフェイスマスクもばっちりです。

P5120344 P5120341
P5120352

スキーで下りてくる人とすれ違った

グリーンバンドで小休止、

この時には曇っていましたが

空は次第に明るくなり、

P5120371 P5120359
P5120364

登りだすと、晴天に変わり

空には飛行機雲が!

P5120381

あともう少しで山荘です、この辺りの上りがきつかった!

P5120385

無事に山荘へ到着!ほっと、一息です!

そして到着後、

それぞれハーネスを装着して

山頂を目指します

ガイドから注意点について聞く

P5120398

P5120399

P5120405

岩場には雪あり、

ロープで確保しながら、両手と

アイゼンで慎重に上ります

P5120407

雪により足場や鎖が埋もれていたり

滑りやすかったりしました

P5120410

槍ヶ岳山頂!槍!

雲はありましたが、よく晴れてます~!!

ここまでの大変さが吹き飛ぶような素晴らしい眺めでした!!

皆で一緒に来られた!本当にありがとうございます!

IMG_7012 IMG_7010
IMG_7013 IMG_7020
P5130434

さて3日目。

本番はここからですね、というような

雨と風の、下山の朝。

登りはストックとアイゼンでも、下山時に

ピッケルは必携です。

山荘直下は特に風がきつく、慎重に下りました。

本当に、安全に下山して、家に着くまでが

登山ですね。事故は、特に下山時に多く

気を引き締めて行動しました。

P5130441

雨と風です。雨粒がカメラレンズについてたり

P5130447

グリーンバンド下は、シリセードで滑ったり

P5130459

ずっーと雨は止まなくて、びしょ濡れになりましたが、元気!

この後丸山の斜面で滑落停止訓練もして、下山しました。

P5120370IMG_6999

すっかり長くなってしましましたが(短くしようとしたのですが)

槍ヶ岳へ行って、帰ってこようと思うと、これくらいかかります。

今回の記事では【槍沢ロッヂ ~ 槍沢ロッヂ】の行程ですので、まだ短いほうかもしれませんね。

皆さんのお家から、ロッヂまで来て、槍ヶ岳へ行って帰ってくる。そして、家まで帰る。

長い行程ですので、お越しの際にはしっかりと計画を立ててお越しくださいね。

装備や、下調べや、体力づくり・・・

まだまだ、夏に間に合います。

夏の槍ヶ岳も初めての方は、まずは夏の槍ヶ岳に上ってから

残雪の時期にお越しくださいね。

初めて雪の槍ヶ岳に上り、やっと、雪の時期にお越しになるお客様の

大変さをほんの少しだけ、体験することができたと思います。

お迎えする私の方が、準備不足だったのかもしれません。

今回の登山を活かして、また明日から、取り組みます!

それでは、また次回!

槍沢ロッヂ
写真:槍沢ロッヂ

宿泊・施設のご案内

スタッフブログ

野営場(テント)について

槍沢ロッヂスタッフブログ

最新の記事

バックナンバー

過去のブログはこちら

山小屋案内

槍ヶ岳山荘

槍沢ロッヂ

南岳小屋

大天井ヒュッテ

岳沢小屋

定点ライブカメラ

イベント案内

通信販売

お知らせ

ご予約・お問い合わせについて

播隆上人

槍ヶ岳スキー・スノーボード

槍ヶ岳山荘直営 雷鳥ヒュッテ

槍ヶ岳山荘グループ スマートフォンサイト

このページの先頭へ