page top
槍ヶ岳山荘
トップページ槍ヶ岳山荘スタッフブログ2017年09月|9月14日 この空を統べるモノ

槍ヶ岳山荘スタッフブログ

9月14日 この空を統べるモノ

P5254933

「どこだよコレ?」

と思われた皆様、こんばんは、1年ぶりくらいにブログに顔を出します、肥沼です。

ネパールのヒマラヤを経て、北インドはパキスタンと中国の国境付近にある、ラダック地方の主要都市、レーから槍ケ岳山荘に最近戻って来ました。

印パ間で領土をめぐり、モメている地域でして、政情不安のためか州全体が情報統制を敷かれている状況だったので、松本にあるわが社の事務所に国際電話をするのには非常に苦労しました。

この世の果てみたいな場所から、5秒くらいのタイムラグのある電話で、日本にアルバイトの申し込みをするのは、なかなかケッサクで笑えました。

途上国の気ままな放浪は相変わらず最高でしたが、汗水流す労働というのも健全で素晴らしい行為ですね、たまには。

 

さて本日、14日はヘリの荷揚げでした。

朝5時半。美しい朝日でした。空気が澄んでおり、清々しい感じでした。

P9145310

が、割とそれどころではない僕らは、ヘリポートの片隅でせかせか荷造り。

P9145313

そう、今日飛んでくるのは

P9145315

ここら一帯のヌシ、とも呼べるようなアイツ。

その巨体に恥じないたくましいエンジンを積んだAS332Lスーパーピューマです。

1600馬力のエンジンを2個も積んだ、そら恐ろしい機種です。

登場BGMがあるとするならダースベイダーのアレ?

スーパーピューマ に対する画像結果

※参考画像 Google様より拝借。(ワタワタして今日撮れなかったんですよ)

本来、従来のB3であるなら揚げ荷の重量は1便550㎏前後を割とシビアに計算しながら作らねばならないものが、ピューマが来ると1便1200㎏~となり現場はとんでもなくドンブリ勘定なものになります。

いつもは重いと航空会社の人に怒られる荷も。ピューマなら軽いと、怒られたりします(笑)

なのでヘリポートで働く人間は大変でして、だいたい3200馬力vs数人なので勝てる訳がありません。

ネットで包まれた荷が乱立するヘリポートも、短時間で一掃されてしまいます。

まさしく決戦兵器です。

今日もウチから降りたヘリ要員は局所的に地獄を見たことでしょう。沖田さん、お疲れ様。

P9145318

ピューマでの食品、雑貨、飲料が終わり次第、いつものB3にタッチ交代し、トイレカートリッジの下げを行いました。

微妙な風の中緊張しながらも、儀式はつつがなく終わり、午前中には全てカタがつきました。

P9145319

そのパワーからか、微妙な操作が難しいピューマは揚げた荷を軟着陸させることが容易でないらしく、毎回降り立った荷の中で、いくつかの箱の中身が炸裂してしまい。

それの処理がなかなか大変ながらも、やはり短時間でかなりの物量をこなしてくれるピューマには感謝しております。

 

僕らにとっては忙しなく過ぎた日中でしたが、自然はいつも通りの時の流れ、今日はこんなにも美しい夕日を見せてくれました。

DSCF0997

ヒマラヤにだって負けない、荘厳なひと時でした。

※穂苅大輔氏撮影(他人のフンドシかよ)

 

では、もうないと思いますがまた次回!

槍ヶ岳山荘
写真:槍ヶ岳山荘

宿泊のご案内

施設のご案内

ご利用時のお願い

スタッフブログ

野営場(テント)について
ヘルメットについて

槍ヶ岳山荘スタッフブログ

最新の記事

バックナンバー

過去のブログはこちら

山小屋案内

槍ヶ岳山荘

槍沢ロッヂ

南岳小屋

大天井ヒュッテ

岳沢小屋

定点ライブカメラ

イベント案内

通信販売

2019年カレンダー

お知らせ

ご予約・お問い合わせについて

播隆上人

槍ヶ岳スキー・スノーボード

槍ヶ岳山荘直営 雷鳥ヒュッテ

槍ヶ岳山荘グループ スマートフォンサイト

このページの先頭へ