page top
槍ヶ岳山荘
トップページ槍ヶ岳山荘スタッフブログ2017年07月|7月10日、飛騨沢ルート情報と、千丈乗越から見た西鎌尾根

槍ヶ岳山荘スタッフブログ

7月10日、飛騨沢ルート情報と、千丈乗越から見た西鎌尾根

業務で槍平小屋まで行ってきたので、

飛騨沢のルート情報をお知らせします。

 

 

P7100561

こちらは、西鎌尾根から撮った飛騨沢登山道の本日の写真です。

夏道は(おおよそ)赤のライン。

雪が無いからと登山道以外の個所を登られるのは、

浮石が多く危険です。

 

本日、目印の調整はしてきましたが、

日照の影響や雨で旗竿も流れやすい時期です。

地図を見つつ行動されることをお勧めします。

 

 

P7100546

今年は標高2700m~2850mほどまで雪渓が残っています。

 

『アイゼン・ピッケルは必要ですか?』

という問い合わせも増えています。

 

例年よりも多めに雪が残っており、

長い範囲で雪がつながっている状況。

足を滑らせたら100mほど滑落する個所も残っています。

アイゼン・ピッケルは例え使わなかったとしても必要な装備だと言えます。

コンディションが良い時は軽アイゼン・ストックでも大丈夫だと思いますが、

降雨の後などは固く締まり

「軽アイゼンだと危なかった、失敗した」

と話されるお客様もいらっしゃいました。

装備は慎重に選んでください。

 

 

 

P7100556

千丈分岐から千丈乗越に抜け西鎌尾根に出るルートの間には雪はありませんが、

道が崩れ気味で浮石も多くなっています。

先日の豪雨の影響もあるのでしょうか。。

雪が無いからと言って、いちがいにオススメできない状況です。

 

 

P7100559

最後に千丈乗越から見た西鎌尾根の本日の状況です。

 

急斜面のトラバースをする個所がまだ残っています。

土曜日に通過してこられた方は口をそろえて

前爪のある10本爪以上のアイゼンとピッケルが必要

と言っていました。

 

 

以上、登山道情報でした。

槍ヶ岳山荘
写真:槍ヶ岳山荘

宿泊のご案内

施設のご案内

ご利用時のお願い

スタッフブログ

野営場(テント)について
ヘルメットについて

槍ヶ岳山荘スタッフブログ

最新の記事

バックナンバー

過去のブログはこちら

山小屋案内

槍ヶ岳山荘

槍沢ロッヂ

南岳小屋

大天井ヒュッテ

岳沢小屋

定点ライブカメラ

イベント案内

通信販売

2019年カレンダー

お知らせ

ご予約・お問い合わせについて

播隆上人

槍ヶ岳スキー・スノーボード

槍ヶ岳山荘直営 雷鳥ヒュッテ

槍ヶ岳山荘グループ スマートフォンサイト

このページの先頭へ