page top
槍ヶ岳山荘
トップページ槍ヶ岳山荘スタッフブログ2017年05月|5月15日、本の無料配布のお知らせ

槍ヶ岳山荘スタッフブログ

5月15日、本の無料配布のお知らせ

私は時々大石の上に足を止めて、何時か姿を露しだした、槍ヶ岳の絶顛(ぜってん)を眺めやつた。絶顛は大きな石鏃(いしやじり)のやうに、夕焼けの余炎が消えかかつた空を、何時も黒々と切り抜いてゐた。「山は自然の始にして又終なり。」

私はその頂きを眺める度に、かう云ふ文語体の感想を必心に繰返した。

 

※芥川龍之介『槍ヶ嶽紀行』より引用

 

 

ふう、この一文を書き写すのにも時間がかかりました。

この一文は芥川龍之介がしたためたもの。

晩年の病弱なイメージが強いせいか、登山や水泳に親しんだ少年・青年時代のことはあまりよく知られていません。

今から108年前の1909年8月12日に、17歳の芥川龍之介は級友たちと槍ヶ岳山頂に立ちました。

旧制中学5年生の夏休みのことだそうです。

 

 

IMG_3127

芥川龍之介が槍ヶ岳に登頂して100年が経った2009年に、

『芥川龍之介の槍ヶ岳登山と河童橋』という本が記念出版されました。

山岳資料としても、

文豪・芥川龍之介の資料としても、

面白い視点の一冊です。

 

 

 

そして、、、

先週の金曜日から

非売品のこの本を山荘の玄関前で無料配布しています!!

 

IMG_3130

 

無料配布は無くなり次第終了とさせていただきます。

槍ヶ岳山荘
写真:槍ヶ岳山荘

宿泊のご案内

施設のご案内

ご利用時のお願い

スタッフブログ

野営場(テント)について
ヘルメットについて

槍ヶ岳山荘スタッフブログ

最新の記事

バックナンバー

過去のブログはこちら

山小屋案内

槍ヶ岳山荘

槍沢ロッヂ

南岳小屋

大天井ヒュッテ

岳沢小屋

定点ライブカメラ

イベント案内

通信販売

2019年カレンダー

お知らせ

ご予約・お問い合わせについて

播隆上人

槍ヶ岳スキー・スノーボード

槍ヶ岳山荘直営 雷鳥ヒュッテ

槍ヶ岳山荘グループ スマートフォンサイト

このページの先頭へ