page top
槍ヶ岳山荘

槍ヶ岳山荘スタッフブログ

11月2日 回顧

本日は霧に包まれ生憎の天気。視界は狭く閉ざされています。

 

山荘を離れる日を目前に控え、現在の心に去来するものは複雑です。

半年以上も以前、山荘前に立って以来様々な日々がありました。

 

IMGP1231

4月は雪が積もっているためもう2、3m程視線は上ですがこの辺りに降り立ち全ては始まります。

IMGP1236

足場を作りながら進み、逆方向からですがこの辺りから館内に入ります。

寒さに震えながら館内の状態を見ていき、

IMGP1232

冬戸が小屋開け当初は閉っていますので真っ暗ですがこんな風景を見て、雪かきをして初日を終えます。

最初の寝床はフロント周りになります。

 

見ての通り厨房です。

IMGP1233

シーズン中調理が主な担当でしたので、ここに一番長く居ました。

ここが一番思い出深く、思い入れの強い場所です。

 

多くの月日が経ちました。とても書ききれるものではありません。

好きな歌の歌詞にこのようなものがあります、

「誰にも言えない涙があった。人知れず流した涙があった。決して平らな道ではなかった。けれど確かに歩んだ道だ。」

 

道という程御大層なものではありませんが、成功して嬉しい日々も、失敗しまくって自分に対して苛立つ日々も今から考えれば

全てが良い思い出です。

確かにここで生きて、成長できたという実感があります。

 

楽しい月日でした。そう思えるのは気持ちの良い同僚たちのお陰です。

彼、彼女たちと働けたこと、この場所で働けたことを誇りに思います。

 

最後にこのような思い出話にお付き合いいただいた皆さまへの感謝の言葉で幕を閉じます。

 

ありがとうございました。

槍ヶ岳山荘
写真:槍ヶ岳山荘

宿泊のご案内

施設のご案内

ご利用時のお願い

スタッフブログ

野営場(テント)について
ヘルメットについて

槍ヶ岳山荘スタッフブログ

最新の記事

バックナンバー

過去のブログはこちら

山小屋案内

槍ヶ岳山荘

槍沢ロッヂ

南岳小屋

大天井ヒュッテ

岳沢小屋

定点ライブカメラ

イベント案内

通信販売

お知らせ

ご予約・お問い合わせについて

播隆上人

槍ヶ岳スキー・スノーボード

槍ヶ岳山荘直営 雷鳥ヒュッテ

槍ヶ岳山荘グループ Facebook

槍ヶ岳山荘グループ スマートフォンサイト

このページの先頭へ