page top
大天井ヒュッテ
トップページ大天井ヒュッテスタッフブログ2017年10月|10月3日 休暇満喫!東鎌尾根~西鎌尾根

大天井ヒュッテスタッフブログ

10月3日 休暇満喫!東鎌尾根~西鎌尾根

初めまして、スタッフの長澤です。

今回は先日縦走してきた槍ヶ岳の東鎌尾根~西鎌尾根の様子をお届けします。

日程は9/25~27、紅葉シーズンと全日快晴に恵まれて、とても気持ち良い稜線歩きでした♬

槍ヶ岳を表からも裏からも眺めてやる!という野望のもと、、いざ突撃!!

 

DSCF1629

まずはこのブログでもお馴染み、いつものおさんぽコースから。

ヒュッテから約30分、ビックリ平まで。

DSCF1549

静かな道です♬

DSCF1534DSCF1531

 

ビックリ平を少し進むと・・・

DSCF157211

展望台になっています。

槍は穂先に目が行きがちですが山腹の大きさもたまらないですね。

 

DSCF1591

赤岩岳から。

右から大天井岳、大天井ヒュッテ、牛首展望台、ビックリ平

 

そこら辺からどんどん展望がひらけて来て・・・

DSCF1606[8]

左にでっかい常念岳から表銀座、

奥に八ヶ岳、富士山、南アルプス、栃木群馬の山々など、遠くまで見渡せて最高の道でした♬

 

DSCF1611

赤岩岳から西岳へ

枯れ気味の紅葉がこれまたほっこりします。

 

DSCF1625DSCF1624

ヒュッテ西岳さんに到着。

大絶景どーん!(繋がりがおかしい写真ですみません・・)

 

ハシゴ・クサリ・階段を超え、ガレ場やヤセ尾根を越えていくと、

徐々に草木も生えぬ岩稜帯に。

DSCF1644

ヒュッテ大槍さんからは槍沢のカールと穂先がドーン。

 

DSCF1646

その先はカールと穂先を見下ろしたり見上げたりしながらゆるゆるとした岩稜登りへ。

DSCF1643DSCF1668

DSCF1664

でかいよーでかいよー

 

そして槍ヶ岳山荘へ。

晴れたためか平日にも関わらず多くのお客さんがいらしていました。

わたしはゆっくりし過ぎて山荘到着が15:00になってしまったので、今回登頂は諦めました(^-^;)

夜は山荘のスタッフさんたちとネパールのお酒でゆらゆらした夜を過ごさせていただきました☽

ごちそうさまでした☆彡

 

DSCF1691DSCF1691

 

 

 

 

 

 

 

翌朝になって笠ヶ岳と双六岳、三俣蓮華と西鎌尾根。

西鎌尾根は途中まで岩稜帯、途中から緑の道になっているのが見て取れます。

 

ここからは西鎌尾根。

急な岩稜帯やクサリを越えると・・

大槍子槍さんがお目見えしましたv(^^)v

DSCF1701

さらに歩みを進めると徐々に草木が生えてきて・・

DSCF1704

DSCF1712

ほっこり♡

 

DSCF1716

紅葉が綺麗でした。

 

DSCF1721DSCF1734

枯れ葉もたくさん。

 

夜になって。西鎌尾根に滝雲が湧いていました。

DSCF17821

 

この日は双六小屋でゆっくりしたのち、3日目は新穂高温泉に下山しました。

 

DSCF1862

弓折岳付近から。

双六小屋~新穂高は数回目でしたが、

この道がこんなに山が見えるとことだったなんて知りませんでした。。(すみません)

 

全体的に、今年の「紅葉」は例年と比べて、、といろいろなお話を聞きましたが、

それでもそれぞれの秋色の葉っぱたちはとても味わい深く、見ていて飽きる事のない景色でした。

 

3日連続快晴など最近久しぶりとのことで、

そんな日に山に送り出してくださったオーナー小池さん、ペコさん、フリさんに心から感謝しています。

そして、お天気にしてくれたお天道様、ありがとう。

 

こんな休日、皆様も是非大天井ヒュッテに宿泊のもと、過ごしてみてください!

大天井ヒュッテ
写真:大天井ヒュッテ

宿泊・施設のご案内

スタッフブログ

大天井ヒュッテスタッフブログ

最新の記事

バックナンバー

過去のブログはこちら

旧大天井ヒュッテ山小屋だよりはこちら

山小屋案内

槍ヶ岳山荘

槍沢ロッヂ

南岳小屋

大天井ヒュッテ

岳沢小屋

定点ライブカメラ

イベント案内

通信販売

2018年カレンダー

お知らせ

ご予約・お問い合わせについて

播隆上人

槍ヶ岳スキー・スノーボード

槍ヶ岳山荘直営 雷鳥ヒュッテ

槍ヶ岳山荘グループ Facebook

槍ヶ岳山荘グループ スマートフォンサイト

このページの先頭へ