page top
大天井ヒュッテ
トップページ大天井ヒュッテスタッフブログ2017年10月|10月2日 冷たい雨ですが・・・

大天井ヒュッテスタッフブログ

10月2日 冷たい雨ですが・・・

今朝の気温は3℃と比較的高めでしたが、その後最高気温5℃と気温は殆ど上がらず、8時以降冷たい雨が降り出し、映画の吹雪の時の効果音のようなヒューヒューと音を立てながら強めの風が波板や窓ガラスを揺らし、予報よりも酷い荒れ模様となっています。

北日本を寒冷前線の通過に伴う雨のようですが、もう一つの低気圧と前線が大陸から近づいていて、明日まではこの冷たい雨続きそうな北アルプスです。

そんな今日の天気ではありますが

昨夜、消灯後外に出てみますとヒュッテの周りはガスに包まれていて星空は見えず。

その霧を透してお月様が形を表したり消えかけたりしていたため、きっと雲海の中に埋もれてる状態と思い、ダメ元で展望台へ登ってみました。

すると案の定途中から切れた霧が下方で広がる雲海となって、上空には空広く薄い高積雲が風に乗って流されながら消えたり広がったり、その切れ目から星が輝くという光景が360度の展望にて、それに興奮する自分が居ました。

IMGP2573

それがこんなんです。

2,600mの高さに広がる雲海がビックリ平を乗越し天上沢へと流れ落ちる滝雲と、月明りの照明、上空の雲の切れ間から見える星。

IMGP2635

早い流れの雲の切れ目から覗く星と、月明かりで照らされた槍ヶ岳。

IMGP2650

谷間を埋め尽くす雲海と常念岳(左)と穂高岳(右)山頂の光は北穂高小屋の灯りです。

IMGP2657

燕山荘(左の光)と大天井岳の山頂には偶然にも、光り輝くスバルが。

IMGP2661

二ノ俣谷の雲海の末端は、海辺の押し寄せる波のように大きくうねりを繰り返していました。

IMGP2600

ここでカメラの電池切れと、覆いかぶさって来た雲にて、月と星と雲と山の約1時間の大パノラマショーの終焉となりました。

自然って凄いですね、その都度新しい感動を頂きます。同じ場所でありながら、毎回違う景色。

同じ光景を見る事は出来ませんがまた新しい景色が人を引き寄せるんですよね。

いやー、山っていいなあ

10月14日、さよならパーティーはこちらから

まだ定員に達していません。お電話お待ちしております。

大天井ヒュッテ
写真:大天井ヒュッテ

宿泊・施設のご案内

スタッフブログ

大天井ヒュッテスタッフブログ

最新の記事

バックナンバー

過去のブログはこちら

旧大天井ヒュッテ山小屋だよりはこちら

山小屋案内

槍ヶ岳山荘

槍沢ロッヂ

南岳小屋

大天井ヒュッテ

岳沢小屋

定点ライブカメラ

イベント案内

通信販売

2018年カレンダー

お知らせ

ご予約・お問い合わせについて

播隆上人

槍ヶ岳スキー・スノーボード

槍ヶ岳山荘直営 雷鳥ヒュッテ

槍ヶ岳山荘グループ Facebook

槍ヶ岳山荘グループ スマートフォンサイト

このページの先頭へ