page top
大天井ヒュッテ
トップページ大天井ヒュッテスタッフブログ2017年07月|7月5日 悪天候の影響は・・・その後の夕焼け

大天井ヒュッテスタッフブログ

7月5日 悪天候の影響は・・・その後の夕焼け

台風3号の直接的な被害は無かったのですが、梅雨前線の影響は上高地線や中房線の交通規制がかかる程の雨量となり、北アルプスへの影響もそれなりにありました。

そんな訳で今日は悪天候後の登山道の偵察にヒュッテ周りを見てみますと、この雨にて雪渓の雪融けが進み、残る雪渓は切通し分岐からヒュッテまでで1箇所、大天荘からヒュッテまでに1箇所。

残るのみとなりました。

只、西岳までの登山道にはまだ数か所の雪渓トラバースが待ち受けています。

何れも雨に流され斜面がきつくなっていたので再度の雪切りはしてきました。

DSCN9544

ヒュッテから直ぐの西岳方面の雪渓です、約20mのトラバースです。その他の雪渓はこれ程長くはありません。

登山道に関しては、ヒュッテ付近では通行に支障な箇所は見当たらずやれやれといったところです。

DSCN9540

槍沢の倒木や土砂崩れは大変ですが、こちらでもこの程度の道塞ぎの倒木はありましたが、しっかりと取り除きましたから大丈夫です。

DSCN9536

今日は、朝まで雨が残っていましたがその後止んでくれ、曇り空の一日となり、登山道の点検補修も出来ました。という事でこの大雨の影響は最小限にてすみほっとしております。

6月30日から続いた雨模様によって、ここ二ノ俣谷の雪融けも後残すところ20m位に減ってしまって、もうグリセード遊びも出来ません。

雪が無くなると淋しい感もありますが、いよいよ夏山突入という時期になって来ますね。

まだ殆ど登山者が歩かない表銀座ですが、来週あたりから徐々に賑わい出しますかね、楽しみな季節がそこまで来ました。

 

と書いていましたら何やら外の色が・・・・

IMGP8603

あわてて飛び出してみますと、さっきまで雲に覆われていた3000mの山並みが、夕日が沈む頃にはあっという間に取れ出していて、夕日が鷲羽岳に沈む瞬間でした。

IMGP8622

その後始まった夕焼けショー

IMGP8651

悪天候後の夕焼けは往々にして美しい景色を見せてくれます。

IMGP8641

穂高岳~槍ヶ岳の上空の雲は炎のような濃赤色に染まり出し、稀な色彩を放っていました。

IMGP8646

ちょっと怖いくらいの夕焼けショーでした。

大天井ヒュッテ
写真:大天井ヒュッテ

宿泊・施設のご案内

スタッフブログ

大天井ヒュッテスタッフブログ

最新の記事

バックナンバー

過去のブログはこちら

旧大天井ヒュッテ山小屋だよりはこちら

山小屋案内

槍ヶ岳山荘

槍沢ロッヂ

南岳小屋

大天井ヒュッテ

岳沢小屋

定点ライブカメラ

イベント案内

通信販売

お知らせ

ご予約・お問い合わせについて

播隆上人

槍ヶ岳スキー・スノーボード

槍ヶ岳山荘直営 雷鳥ヒュッテ

槍ヶ岳山荘グループ Facebook

槍ヶ岳山荘グループ スマートフォンサイト

このページの先頭へ