page top
大天井ヒュッテ
トップページ大天井ヒュッテスタッフブログ2016年10月|10月30日 番外編・晩秋の稜線歩き

大天井ヒュッテスタッフブログ

10月30日 番外編・晩秋の稜線歩き

DSCN9089

皆さんこんにちは、小屋閉めも終わり久しぶりに我が家にてのんびりと・・・と思っていたのですが、ヒュッテの重要な作業をし忘れた事に気づいて、再度大天井ヒュッテまで行くハメになってしまい、皆からは「山に行く為にわざと忘れて来たんじゃないの?」などと噂されながら、昨日槍沢ロッジからピストンでヒュッテまで行って来ました。

 

その時の様子をお知らせしながら、11月2日宿泊まで営業をしている「槍ヶ岳山荘」「槍沢ロッジ」「岳沢小屋」への最後のお誘いブログです。

DSCN9051

午前中はガスの湧く時間帯が多く時折穂高岳方面が現れたりブロッケンが見られたりとする中を水俣乗越~西岳へと向かいました。

その後は槍ヶ岳もガスの中にて見られず。ヒュッテにて作業を終えて帰路にて歩き出すと

DSCN9069

西岳までの稜線東側に湧き上がるガスが西風にあおられ、太陽の位置と逆方向へと押し戻される情景に、もしや・・・

DSCN9086

そうブロッケン現象の起こる最高の条件となっていました。

DSCN9088

DSCN9105

DSCN9119

DSCN9100

赤岩岳手前から西岳までの約1時間(のんびり写真を撮りながら)滅多にお目にかかれない鮮やかなブロッケン現象を見ながらの稜線歩きは、小屋閉め作業を残して来てしまったツケ、とは言いながら楽しい山歩きとなりました。

 

例年ですと既に雪に覆われ、冬山装備と経験と技術が無ければ足を踏み入れてはいけない北アルプスの3,000mの稜線ですが、今シーズンは未だ積雪なし、今後もまだ暫くは雪の予報も無さそうです。山小屋営業も後3日間、軽装での登山は禁止ですが狙い目の登山日和となり、積雪前の最後の登山ってどうでしょう。

こんなブロッケンに出会える事は無理かも知れませんが。

DSCN9116

稜線でなく槍沢ルートでの槍ヶ岳、いいと思いますよ。

DSCN9134

という事で番外編のブログを岳沢小屋から送ります。

今日からは岳沢小屋の小屋閉めのお手伝い(居候かなあ)をしながら今シーズン最後の山を楽しみます。

今シーズンも大天井ヒュッテのブログ最後まで見て下さった皆さんありがとうございました。来シーズンの始まりまでごきげんよう

大天井ヒュッテ
写真:大天井ヒュッテ

宿泊・施設のご案内

スタッフブログ

大天井ヒュッテスタッフブログ

最新の記事

バックナンバー

過去のブログはこちら

旧大天井ヒュッテ山小屋だよりはこちら

山小屋案内

槍ヶ岳山荘

槍沢ロッヂ

南岳小屋

大天井ヒュッテ

岳沢小屋

定点ライブカメラ

イベント案内

通信販売

お知らせ

ご予約・お問い合わせについて

播隆上人

槍ヶ岳スキー・スノーボード

槍ヶ岳山荘直営 雷鳥ヒュッテ

槍ヶ岳山荘グループ Facebook

槍ヶ岳山荘グループ スマートフォンサイト

このページの先頭へ