page top
大天井ヒュッテ

大天井ヒュッテスタッフブログ

9月29日 初めての山行

こんにちは、2度目の投稿となります大天井ヒュッテ1年目のマロです。

今回は休暇の際の山行で、「あ、こんなルートで歩いても面白いかも知れない。」

と思ったルートについてご紹介します。

 

①1日目 三俣登山口~蝶ヶ岳~槍沢ロッジ

 

DSCF2441

ゴジラみたいな木

DSCF2481

蝶ヶ岳山頂より穂高連邦

 

1日目は蝶ヶ岳への登山口である三俣よりスタートします。

三俣から蝶ヶ岳へのルートは中々森林限界を超えないルートですが、

山頂付近の小高い斜面を登りきると、突然穂高、槍ケ岳が姿を現します。

眺望が素晴らしく、疲れも一気に吹き飛ぶでしょう!

秋雨前線が停滞する中、快晴の日に登ることができたので眺望はばっちりでした。

通常、ここから常念山脈を縦走し、大天井岳でピストンをするかと思いますが、

今回はここから横尾(上高地)へ下ります。

がんばって槍沢ロッジまで行き1日目は終了です。

 

②2日目 槍沢ロッジ~槍ケ岳~東鎌尾根~大天井ヒュッテ

DSCF2561

赤岩岳北峰付近にて雷鳥

 

そして2日目は槍ケ岳を登り、一気に東鎌尾根を抜け大天井ヒュッテまでいきます。

かなり距離も標高差あり、時間のかかるルートなので槍ヶ岳山荘で1泊をしていくのも

良いかと思います。

生憎の秋雨の中でしたが、赤岩岳北峰付近で雷鳥に出会えました!

もう足の毛もすっかり白色ですね。

DSCF2575

雨で曇っていますが大天井ヒュッテ到着です。

 

③3日目 大天井ヒュッテ~常念岳~三俣

そして最終日は常念山脈を縦走するルートではじめの三俣まで帰ります。

常念岳、蝶ヶ岳への起点となる一ノ沢、三俣は公共の交通の便が悪いため、

マイカーで来られる方も多いと思います。そんな方には、今回ご紹介したような

ぐるっと槍ヶ岳を経由して1周をするルートも同じコースを往復する必要がなく、

面白いかもしれません。

 

 

 

実は、今回の山行の序盤は父と一緒に歩きました。

父も元々学生時代は山岳部で、山小屋で4年間アルバイトをしており、

私も今同じようなことをしているので、しらないうちに影響を受けていたのかとふと思ってしまいます。

登山は年齢に関係なく楽しめるものだと思いますので、是非皆様もご両親と、また息子さん、娘さん、

お孫さんと一緒に山にお越しください。

きっと楽しい登山が待っています!

IMGP6909

← 前の記事
9月28日 道直し

次の記事 →
9月30日 秋晴れ

大天井ヒュッテ
写真:大天井ヒュッテ

宿泊・施設のご案内

スタッフブログ

大天井ヒュッテスタッフブログ

最新の記事

バックナンバー

過去のブログはこちら

旧大天井ヒュッテ山小屋だよりはこちら

山小屋案内

槍ヶ岳山荘

槍沢ロッヂ

南岳小屋

大天井ヒュッテ

岳沢小屋

定点ライブカメラ

イベント案内

通信販売

2018年カレンダー

お知らせ

ご予約・お問い合わせについて

播隆上人

槍ヶ岳スキー・スノーボード

槍ヶ岳山荘直営 雷鳥ヒュッテ

槍ヶ岳山荘グループ Facebook

槍ヶ岳山荘グループ スマートフォンサイト

このページの先頭へ