page top
大天井ヒュッテ

大天井ヒュッテスタッフブログ

7月29日 登山者急増

梅雨明け発表のお陰か、入山者数がグッと増えている模様です。表銀座も槍ヶ岳へと向かう登山者が倍増しいよいよ本格的に夏山シーズンといった感じになって来ました。

入山者数が増えれば決まって事故も多発しだしています。

今日は滑落事故が多数発生し長野県警や常駐隊のメンバーは大忙しの状態となっています。

 

この1週間、お客さんの到着時間が6時以降という日が毎日続いています。

酷いのは真っ暗となった午後8時半過ぎに到着したパーティーもあったりと、事故とならずには済んでいますが一歩間違えば遭難です。

その殆どが体調が悪いとか、怪我をしてとではなく「こんなに遠いとは思わなかった」と言う、計画の甘さと自身の体力、筋力の無さに原因のあるものばかりです。

夏山のこの時期、一番怖いのは到着時間が遅くなると雷の危険が発生するというリスクを背負います。

特に稜線歩きはその雷の餌食となる危険度は量り知れません。遅い到着は、より危険な場所に長く滞在するという事になります。

遅くとも午後4時までには安全である山小屋に到着する計画を立てましょう。

また、日頃のトレーニングや予備山行等で自身やパーティーの体力や筋力をしっかり把握して、それに見合った登山計画を立てて下さい。

そして事故の無い安全登山を望みます。

このブログを書いている最中も事故の一報が入りました。

 

今日も山々が見渡せたのは早朝のみ、その後は雲とガスのヒュッテとなっています。

IMGP4148

早朝はこんな天気だったのですが、8時頃には雲とガスの動きが激しく干そうとしていた布団も残念ながら準備はしたもののしまい込む始末でした。

IMGP4153

梅雨明けしたとは言えまだまだスッキリとした天気はやってきません。

只、直射日光を浴びずに稜線歩きは身体には楽な登山となると思います。登山者も増えていますね。

 

また、山が見えない分足元を見ながらの山歩きはきっと高山植物が目に飛び込んでくることと思います。

ヒュッテ周りを散歩すれば、高山植物の花が癒してくれますから、縦走路を歩いていれば色々な高山植物が出迎えてくれる季節となっていますから、そんな楽しみもいいですね。

IMGP4166

カンチコウゾリナとミヤマモンキチョウ

IMGP4177
ミヤマコウゾリナ

IMGP4171
コガネギク(ミヤマアキノキリンソウ)とミヤマモンキチョウ

IMGP4159

ハクサンフウロ

お花畑⇒

IMGP4157

IMGP4173

タカネニガナ

IMGP4180

コウメバチソウ

IMGP4156

クロトウヒレン

等々ちょっと周りを見渡しただけで沢山の高山植物に出逢えます。

こんな楽しみも安全登山あってこその楽しみです。どうぞもう一度登山計画と自身の体力の見極めをお願いします。

これから1週間もスッキリと晴れる日が難しそうですが、高山植物たちは今最高潮です。

大天井ヒュッテ
写真:大天井ヒュッテ

宿泊・施設のご案内

スタッフブログ

大天井ヒュッテスタッフブログ

最新の記事

バックナンバー

過去のブログはこちら

旧大天井ヒュッテ山小屋だよりはこちら

山小屋案内

槍ヶ岳山荘

槍沢ロッヂ

南岳小屋

大天井ヒュッテ

岳沢小屋

定点ライブカメラ

イベント案内

通信販売

2018年カレンダー

お知らせ

ご予約・お問い合わせについて

播隆上人

槍ヶ岳スキー・スノーボード

槍ヶ岳山荘直営 雷鳥ヒュッテ

槍ヶ岳山荘グループ Facebook

槍ヶ岳山荘グループ スマートフォンサイト

このページの先頭へ