page top
南岳小屋

南岳小屋スタッフブログ

10月14日

IMG_0013

           雲上の一句

いさぎよし

一切の無駄なし

ヘリの晴れ姿

康々

今日はヘリの荷揚げの日。今シーズン、南岳小屋最後のフライトです。

来年の燃料を揚げ、折返して空のドラム缶、ガスボンベ、ゴミ、それに

私達スタッフの所帯道具を下ろします。写真は、輸送のヘリコプターB3.

それにしても、なぜヘリコプターは美しいのでしょうか。なぜ、飛来する

その姿に、私達は歓声を上げ、手を振り、心を躍らせるのでしょうか。

空を飛ぶものへの憧れ、畏れ、そして思い切る勇気への称賛。

「本当に大切なものは唯一つ。余計な物を捨ててしまえば、自分も空を

飛べるような気がする。」と、書いたのは詩人で画家の星野富弘。

47年前、中学の体育教師になったばかりの6月、星野は空中回転を誤って

頭から落ち、首から下の自由を失いました。絶望の極みから口に筆をくわ

えて文字を書き、詩を謳い、それに絵を添えることをはじめます。

「いつだったか、君が空を飛んでいるのを見たよ。」

車椅子から眺めたたんぽぽの綿毛の飛行。星野が託した心の自由飛行。

命だけの姿になったら飛べる。深き淵から這い上がって独自の境涯にある

人が語る姿には、常人には及ばない魂の潔さがあるようにおもいます。

物資輸送のヘリ、風に乗るたんぽぽの綿毛、そして画家星野富弘。

それぞれの晴れ姿は、眩しくそして美しい。

残雪というには、まだ十分に積もった稜線の道を踏みしめて入山した日。

その日、6月20日から118日。私たちは下山します。皆さま、ありがとう

ございました。また来年、この場所でお待ちしています。お元気で

← 前の記事
ガスの一日。

南岳小屋
写真:南岳小屋

宿泊・施設のご案内

スタッフブログ

南岳ライブカメラ

野営場(テント)について

南岳小屋スタッフブログ

最新の記事

バックナンバー

過去のブログはこちら

旧南岳小屋ブログはこちら

山小屋案内

槍ヶ岳山荘

槍沢ロッヂ

南岳小屋

大天井ヒュッテ

岳沢小屋

定点ライブカメラ

イベント案内

通信販売

2018年カレンダー

お知らせ

ご予約・お問い合わせについて

播隆上人

槍ヶ岳スキー・スノーボード

槍ヶ岳山荘直営 雷鳥ヒュッテ

槍ヶ岳山荘グループ Facebook

槍ヶ岳山荘グループ スマートフォンサイト

このページの先頭へ