page top
南岳小屋
トップページ南岳小屋スタッフブログ2017年05月|5月24日 南岳周辺の登山道(残雪)情報

南岳小屋スタッフブログ

5月24日 南岳周辺の登山道(残雪)情報

DSC_2717

こちらは一昨日の夕景!

本日は朝から雨がシトシト降り続く1日で、

明日も雨降りの様ですね~!

でもこの雨で雪解け進んで残雪が少しでも減ってくれれば好いのですが、

どうでしょうか?

 

さて、先日偵察時の南岳周辺の各登山道の状況を(残雪状況)お伝えします。

 

まず最初に南岳に至るどの登山道も残雪が多く、

ほとんど夏道は出ていません!

(キレットや稜線は一部夏道が出ています)

当面はアイゼンピッケル等の装備が必要かどうか?というレベルではなく、

冬季ルート等を確実に歩ける技術を持った人でないと通行は厳しいです!

 

それではまずは槍から南岳ルート

DSC_0451

南岳

DSC_0471

槍、大喰、中岳

南岳へのルートとしては1番おすすめですが、

(逆に他のルートはほとんど通れません)

まず稜線の残雪状況は、

夏道の出ている所も少しづつ増えてはいますが、

急斜面の雪渓の上り下り含め、

ルートとしては大部分雪上歩きです!

今回は特に雪がずぶずぶで潜りやすく歩きにくい状態でした。

朝晩は硬く氷化している所もありますし、

アイゼンピッケルはもちろん必要ですし、

急斜面の雪を安心して歩ける技術が必要です。

 

続いて大キレット

DSC_0448

南岳よりキレットそして穂高

キレット最低鞍部や長谷川ピーク、飛騨泣き等は残雪はほとんどありませんが、

南岳からの下りや北穂の上りに残雪があり、

特に飛騨泣きから上部の北穂の急斜面にたっぷり残る雪が一番の難所で、

今現在は通過が非常に困難です!

まだしばらくはエキスパートの世界でしょう。

 

続いて南岳新道

DSC_0464

南岳新道、南沢上部周辺(後ろは笠ヶ岳)

こちらは、南岳小屋の下り初めから雪で、

南沢へ下る部分が残雪により切れ落ちている為、

(トラバース箇所や夏道部分がすべて雪に覆われ、

垂直に近い急斜面になっています)

南岳新道は通行できません!

まだ1月以上は通行が厳しいと思われます。

 

最後に天狗原方面

DSC_0424

横尾尾根上部より天狗原方面(後ろは常念から大天井の稜線)

天狗原はもちろんですが横尾尾根上部もほぼ雪に覆われ、

まだ通行は厳しそうです!

雪の状態もグサグサで潜るような雪ですので、

歩く技術はもちろんですが、

体力的にも厳しい状態です。

当面は横尾尾根の雪解けがある程度進むまでは通行は難しいでしょう。

 

 

以上今の南岳に至る4ルートの状況でしたが、

どのルートもしばらくコンディションは変わらないと思われます!

また、南岳小屋の営業開始もまだ1月以上先で、

ルート整備も当面行う予定はありません。

南岳のきれいな景色を見に来ていただきたい思いもありますが、

残雪豊富な時期ですのでご自身のレベルにあった山行計画をお願いします。

 

 

今後の登山道等の状況はまたわかり次第、

こちらのブログで報告します。

南岳小屋
写真:南岳小屋

宿泊・施設のご案内

スタッフブログ

南岳ライブカメラ

野営場(テント)について

南岳小屋スタッフブログ

最新の記事

バックナンバー

過去のブログはこちら

旧南岳小屋ブログはこちら

山小屋案内

槍ヶ岳山荘

槍沢ロッヂ

南岳小屋

大天井ヒュッテ

岳沢小屋

定点ライブカメラ

イベント案内

通信販売

2019年カレンダー

お知らせ

ご予約・お問い合わせについて

播隆上人

槍ヶ岳スキー・スノーボード

槍ヶ岳山荘直営 雷鳥ヒュッテ

槍ヶ岳山荘グループ スマートフォンサイト

このページの先頭へ