page top
岳沢小屋
トップページ岳沢小屋スタッフブログ2017年06月|6月19日、夏山フェスタでのご相談フィードバック

岳沢小屋スタッフブログ

6月19日、夏山フェスタでのご相談フィードバック

IMG_6267[1]

今年の夏山フェスタにはアルクマ君は来てくれませんでしたが、二日間で7600人の来場を記録し、盛況のうちに無事終了いたしました。

IMG_6282

 

我々は「山小屋相談コーナー」という一角で、相談を受けたり、パンフレットを配ったりという二日間でしたが、長野県警の話しがあったり、山岳写真協会の人の話しがあったり。そしてなんといっても一番人気は南谷真鈴ちゃんでしたね。彼女のキャラもすごいですが、20歳であそこまでやる実行力と貫禄はすごいなと感心しちゃいました。

IMG_6271[1]

そんななかで、今日は相談の中で多かった内容のものをいくつかご紹介しつつ、フィードバックしてみたいと思います。

 

私が座ったのは槍ヶ岳のコーナーでしたから、一番多いのは槍ヶ岳登山に関すること、その中でも「槍ヶ岳に行ってみたいんですが、どういうルートで行くのがいいですか?」というもの。ホント、初歩の初歩の相談ですね。これは言うまでもなく、初めてであれば上高地から槍沢や横尾で一泊、山頂で一泊の2泊3日コースがどんなガイドブックや雑誌にモデルコースとして掲載されているように、それをご案内しました。

表銀座を縦走したい、槍から穂高まで縦走したい、なんていうのはとりあえずは一度槍沢からの槍ヶ岳を経験して自分の体力や技量を自己判断してから考えたほうがいいですよね。

IMG_6280[1]

次いで多かったのは相談というよりも計画として「海の日」の連休に山へ行こうという人たち。

長野県など北アルプス地域の梅雨明けは例年では7月23~25日前後となります。一方、今年の海の日連休は7月15~17日。これは確率論になりますが、まだその頃では梅雨が明けていない可能性が高いです。とはいえ、意外と良い天気になる年もあれば、連休を狙って集中豪雨に見舞われて登山道が崩れたりする被害が出た年もありました。

ここ数年は天候が不順なために一概に7月中旬はまだ「梅雨末期」とは言い切れませんが、天気的リスクはまだ高い時期であることの認識が必要だと思います。また、これまでもご案内の通り、今年は残雪が大変に多いです。他の北アルプスの山小屋の人たちと話しをしても、口を揃えて「雪が多い」と言います。各エリアとも海の日の頃は沢筋を通る登山道を中心にまだまだ雪が多く残る可能性がありますので、そのあたりの備え(装備と心構え)をお忘れなく、ご準備ください。

そしてもっとも気になったのは「予約はいりますか?」という質問でした。

これに関してはそれぞれの山小屋の規模や環境によって答えは変わるのですが、ちょうどいい機会なので、参加各小屋の人たちに私の方から「予約」について実態調査+ホンネを聞いてみました。(北アルプス限定で)

その中で、要予約・予約は必ず!という小屋はごく少数でした。いうまでもなく、岳沢小屋はこの分類に入っています。その他、意見を聞いたり、これまでの見識からすると要予約・予約は必ずという小屋は徳本峠小屋・朝日小屋・劒沢小屋などのようです。いずれも規模の小さめ、かつ比較的人通りの多いエリアのようです。

そして、もっとも多かったのが予約希望・予約なくても泊まれますが予約をしてくれたほうがありがたいという山小屋です。今はこれがほぼ主流のようですね。何ヶ月も前から予約する必要はないけれど、週間予報が出て、計画が確実に実行される段階になってからでいいので予約をして欲しいということでした。ただ、中にはある程度の予約数に達すると予約の受付をストップする小屋もあるようですので、その辺は注意が必要かと思います。

一方で、我々槍ヶ岳山荘グループでも槍ヶ岳山荘と槍沢ロッジのような1~5名程度の少人数であれば予約は無くても大丈夫というようなスタンスの小屋もあります。ただ、これは少数のようですね。

というわけで、ご案内しておくと我々槍ヶ岳山荘グループでもそれぞれ規模や立地で予約の要・不要に違いがあります(ややこしくてすみません)、一応、

岳沢小屋→要予約

南岳小屋・大天井ヒュッテ→予約希望

槍ヶ岳山荘・槍沢ロッヂ→少人数なら予約は不要となっています。

ただし、予約は不要といっても小屋への到着が17時を過ぎそうな場合などは途中からでもご連絡をいただけるとありがたいケースもあります。

以上、参考にしていただければと思います。

IMG_6289

今日は小屋への帰り道、登山口の岳沢湿原ではレンゲツツジがきれいに咲き始めていました。これが咲くようになれば、そろそろ梅雨も本格化!?しばらくお休みだった本州付近の梅雨前線も明後日頃からはそろそろ活動をはじめそうですね。

今日のような晴天もありがたいのですが、梅雨には雨が降って、雪渓の雪を解かしてくれないと困るので、そろそろ活動再開をお願いいたします。

岳沢小屋
写真:岳沢小屋

宿泊・施設のご案内

スタッフブログ

岳沢ライブカメラ

野営場(テント)について
ヘルメットについて

岳沢小屋スタッフブログ

最新の記事

バックナンバー

過去のブログはこちら

旧岳沢便りはこちら

山小屋案内

槍ヶ岳山荘

槍沢ロッヂ

南岳小屋

大天井ヒュッテ

岳沢小屋

定点ライブカメラ

イベント案内

通信販売

お知らせ

ご予約・お問い合わせについて

播隆上人

槍ヶ岳スキー・スノーボード

槍ヶ岳山荘直営 雷鳥ヒュッテ

槍ヶ岳山荘グループ Facebook

槍ヶ岳山荘グループ スマートフォンサイト

このページの先頭へ