page top
岳沢小屋
トップページ岳沢小屋スタッフブログ2017年04月|4月12日、雪崩の状況(上高地から)

岳沢小屋スタッフブログ

4月12日、雪崩の状況(上高地から)

IMG_3360

今日は近隣の山小屋さんとともに上高地の倉庫・ヘリポートのオープン作業。この1週間はあたたかで、雨の日が多くて、雪もだいぶ解けましたが、ヘリポートの除雪されていない部分はまだこれだけの雪がありました。

IMG_3368 IMG_3375

バスターミナルの駐車場は除雪されていますが、除雪のされていない場所(写真は河童橋のたもとの白樺荘さん)はまだこれだけの雪があります。

 

さて、先日(4/3)の時点では無垢な雪面が広がっていた岳沢でしたが、危惧していた通り、その後の暖かさと雨で岳沢周辺の斜面では大きな雪崩が頻発する結果となりました。

image1

こちらは河童橋・五千尺ホテルさんに設置されている国交省のライブカメラの数日前の画像。これでも雪崩の発生が見て取れますが、画像処理を加えると・・・

image2

色の黒っぽい雪が雪崩の跡で、沢全体に雪崩が広がり、矢印のあたりにある岳沢小屋もコブ沢で発生した雪崩が流れ込んでいるようにも見えて、ここ数日たいへん心配していました。そして、今日、上高地から双眼鏡と望遠レンズで覗き込むと・・・

IMG_3365

左右からの雪崩が小屋に寸前まで迫っていましたが、無事でした。

黄色い矢印の先がトイレ棟、緑色の矢印の先が岳沢本流に面した石垣です。小屋本体はまだ雪に埋まったままですが、この1週間で積雪は1mほど減ったように見受けられます。(先週は緑色の先の石垣はまったく見えていなかった)

IMG_3373

気になる登山道への影響は・・・

こちらは岳沢下部の写真ですが、左手には西穂高沢と前西穂高沢(西穂独標の東)からは大規模な雪崩が発生して、谷がデブリで埋め尽くされています。西穂高沢の登路がどういう状況かはまだ分かりませんが、利用するにはだいぶデブリを乗り越える必要が出てくるかもしれません。

いつもなら大きな雪崩の発生する間ノ沢・天狗沢は小~中規模程度の雪崩でそれほど荒れてはいないようです。(画面左上部)

 

一方、岳沢へのメインルートとなる岳沢本流は・・・(↓)

⑥見晴台付近の岩礫が見え始めていますが、岳沢下部では雪崩も到達しておらずに登降やスキーでの滑走にはまったく影響がないようです。

②付近から上はコブ沢からの雪崩が少し流れ込んでいますが、壊滅的というほどではなく、一部区間でデブリを避ければ通行にはあまり支障が無いように見えました。

扇沢や滝沢からは小~中規模な雪崩が起きて、小屋の直前までデブリが堆積していますが、これは例年並みの規模で大きな影響はないようです。

奥明神沢は上高地からは見えませんが、扇沢などと同じく大きな影響が出るほど荒れているようではないようです。

いずれにせよ、週末は小屋の入口を掘り出しに行く予定なので、その時にはもっとはっきりした状況もわかるでしょう。ただし、週明けの18日も大雨が予想されているので予断は許せません、GWに利用予定の方は今後の情報をお待ちください。とりあえず、小屋が無事でホッとしました。

IMG_3371

岳沢小屋
写真:岳沢小屋

宿泊・施設のご案内

スタッフブログ

岳沢ライブカメラ

野営場(テント)について
ヘルメットについて

岳沢小屋スタッフブログ

最新の記事

バックナンバー

過去のブログはこちら

旧岳沢便りはこちら

山小屋案内

槍ヶ岳山荘

槍沢ロッヂ

南岳小屋

大天井ヒュッテ

岳沢小屋

定点ライブカメラ

イベント案内

通信販売

お知らせ

ご予約・お問い合わせについて

播隆上人

槍ヶ岳スキー・スノーボード

槍ヶ岳山荘直営 雷鳥ヒュッテ

槍ヶ岳山荘グループ Facebook

槍ヶ岳山荘グループ スマートフォンサイト

このページの先頭へ