page top
岳沢小屋
トップページ岳沢小屋スタッフブログ2017年04月|4月17日、登山道情報(4月16日時点)

岳沢小屋スタッフブログ

4月17日、登山道情報(4月16日時点)

IMG_3406

昨日の小屋堀りの際の上高地~岳沢の登山道の状況です。現在(17日夜)、まとまった雨となっているため、状況は大きく変わる可能性もあるので、その点はご注意ください。

IMG_3285 IMG_3382

登山口の状況です。左が4月3日、右が昨日(4月16日)です。

だいぶ雪が減りましたが、まだまだ雪はありますね。GW頃には登山口の雪は消えているかと思います。

IMG_3297 IMG_3389

⑦風穴の道標付近の様子です。こちらもだいぶ雪が減りましたね。この付近、下部の樹林帯ではGWの頃は雪があったりなかったりといった感じになるでしょう。

IMG_3395

⑥の直前、前明神沢を横切り場所では先日はなかった大きな雪崩の跡がありました。ただ、この沢は2年に1回か大きな雪崩が起きている場所なのでそれほど珍しいことではありません。スキーで登るにはちょっと難儀する場所でしたね。(スキーを脱げば通行に支障はありません)

IMG_3402

⑥見晴台からは沢の雪渓歩きとなります。少し岩礫が出てきていますが、沢の中はまだまだ雪がたっぷりです。これならGWの頃もルートを選びながらここまではスキーで下りてこられそうです。

IMG_3409

④西穂高展望所付近。画像では分かりにくいですが、西穂高沢も多少は雪崩で荒れていましたが、通行に支障がある程度ではありませんでした。下部にデブリが溜まっていましたが、上部はまだまだきれいな斜面でした。このあたり、上高地から見ていた印象とは違いましたね。上高地から見て、大きな雪崩が出ていたのは通常通行しないあたりだったので、今のところは通行に影響はありません。

IMG_3410

③の標高2,000m付近からはコブ沢からの雪崩が流れ込んできていて、ダイナミックな景観が楽しめます

IMG_3414

ルートはこの雪崩を避けて登ったり、滑ったりすることができるのでご安心を。ちょうど雪崩の走路脇をうまく通れます。この雪崩とは別に

・・・

IMG_3424

扇沢からも大きな雪崩が出ていて、小屋の真横まで達していました。一方、春の岳沢のメインルートである奥明神沢は幸いなことにまだきれいなままでした。

以上、今回のご報告です。

今夜の大雨が気になるところです。次は19日か20日の入山以降にご報告いたします。

岳沢小屋
写真:岳沢小屋

宿泊・施設のご案内

スタッフブログ

岳沢ライブカメラ

野営場(テント)について
ヘルメットについて

岳沢小屋スタッフブログ

最新の記事

バックナンバー

過去のブログはこちら

旧岳沢便りはこちら

山小屋案内

槍ヶ岳山荘

槍沢ロッヂ

南岳小屋

大天井ヒュッテ

岳沢小屋

定点ライブカメラ

イベント案内

通信販売

2018年カレンダー

お知らせ

ご予約・お問い合わせについて

播隆上人

槍ヶ岳スキー・スノーボード

槍ヶ岳山荘直営 雷鳥ヒュッテ

槍ヶ岳山荘グループ Facebook

槍ヶ岳山荘グループ スマートフォンサイト

このページの先頭へ