page top
槍ヶ岳について
トップページ|槍ヶ岳について

槍ヶ岳について

槍物語
「世に人の恐るる嶺の槍の穂も やがて登らん我に初めて」
「極楽の花の台か槍ヶ岳 のぼりてみれば見えぬ里なし」
日本のマッターホルン・槍ヶ岳。
このアルピニストあこがれの穂先3,180mに初めて立ったのは、江戸後期の山岳修行僧・播隆上人でした。時に1828年7月、ウィンパーのマッターホルン初登頂より37年も前のことです。その後、1880年に登った英国人ガウランドは、山頂からの景色を「ジャパニーズ・アルプス」と命名。この名称は、やがて英国人ウエストン(1892年に登頂)によって世界に広められ、同時にMt.YARIの存在も世界の登山家に知られるようになりました。
その人物像からはちょっと信じられませんが、芥川龍之介もその槍ヶ岳に登っています。1909年8月12日、東京府立三中の同級生3人とともに穂先を征服したのは17才の芥川。その山行の様子は槍ヶ岳に登った記」「槍ヶ岳紀行」などの作品に見ることが出来ます。

写真:槍ヶ岳の春

春

4月下旬の小屋開けからしばらくは白銀の別世界。豊富な雪が長く残る槍沢は山スキーを心ゆくまで楽しめます。

写真:槍ヶ岳の夏

夏

雪が溶け、緑がより深くなる梅雨が明けると眩しい夏が到来します。夏山シーズンの幕開けです。高山植物が次々と開花し、高山蝶が風に舞い上がります。
荘厳なご来光、はるかに見える富士山......。夏でも涼しい標高3,000mの世界は快適そのものです。

写真:槍ヶ岳の秋

秋

ナナカマドの燃える紅、ダケカンバの輝く黄色......槍沢や天狗原の紅葉は青空の中で聳え立つ槍ヶ岳をバックに燃え上がります。槍ヶ岳の紅葉、絶景です。

槍ヶ岳で見られる高山植物

ハクサンイチゲ
ハクサンイチゲ

ミヤマリンドウ
ミヤマリンドウ

イワベンケイ
イワベンケイ

アオノツガザクラ
アオノツガザクラ

タカネシオガマ
タカネシオガマ

イワギキョウ
イワギキョウ

シコタンソウ
シコタンソウ

クモマスミレ
クモマスミレ

チングルマ
チングルマ

槍ヶ岳へのアプローチ基地

槍ヶ岳への地図

上高地

松本駅下車。松本電鉄上高地線30分の新島々からバスで1時間25分。松本から上高地への直通バスもあります。マイカーは長野県側なら沢渡、岐阜県側は平湯温泉に駐車してバスかタクシーで。

新穂高温泉

大阪・名古屋・富山方面からJR利用で高山駅下車。バスで1時間35分。マイカーは新穂高温泉の駐車場へ。

中房温泉

東京・名古屋・糸魚川方面からJR利用で、穂高駅下車。バスまたはタクシーで1時間。マイカーはタクシー会社「南安タクシー」の駐車場へ。沢渡への回送サービスをご利用ください。

このページの先頭へ